天気予報を見る
 
新聞購読申込

「五輪コラム」畳の上の秩序崩壊/主審とジュリーの役割不明確

2012/08/03 08:45

男子66キロ級準々決勝 旗判定をめぐり、協議する審判団=エクセル(共同)
男子66キロ級準々決勝 旗判定をめぐり、協議する審判団=エクセル(共同)

 ロンドン五輪で柔道の審判が、どうも自信がないままに判定を下している。

 日本では、66キロ級で銅メダルを獲得した海老沼匡の「行事差し違え」で旗判定が覆ったことが話題になっているだろうが、あくまでそれは「氷山の一角」。現地で取材していると、おかしな判定、進行が目立つ。

 まず、主審によっては技の判定を下す時に副審の顔色をうかがっている。「これでいいですよね?」という感じで。自信がないのだ。

 女子57キロ級のマロイ(アメリカ)対ザブルディナ(ロシア)戦では、主審がマロイの技を一度は技ありと判定したものの、有効となり、また技ありとなって、最終的には有効に落ちついた。会場からはブーイング、選手も待たされるだけで気の毒だった。

 柔道の審判問題は、さかのぼれば2000年のシドニー五輪の100キロ超級の篠原信一対ドイエ戦の技の判定が大きな問題となり、その後は日本がイニシアチブを取って、改善案などを提出してきた。国際大会は選手の優劣を決める場だけではなく、審判技量の審査の場でもある。五輪は、評価の高い審判が畳に上がっているのだ。

 ただし、審判技術が上位の人間が並んでいるわけではない。大陸ごとの割り当てもあるので、どうしてもばらつきが出てしまうのだ。

 極端な話、審判にもランキング制度を設けたらいいんじゃないか―。そんなことさえ思ってしまう。

 そしてもうひとつ、今大会で主審がやりにくそうなのが審判委員「ジュリー」の存在だ。柔道では技の判定を映像で確認する役目を3人のジュリーが行っているが、ジュリーが主審の判定を覆すケースが目立ち、主審の威厳が損なわれている。

 要は主審とジュリーの役割分担が明確ではなく、連携がうまくいっていないのが問題だ。

 映像判定に関して言えば、シドニー五輪の篠原問題の後、日本は映像判定の導入を提案してきた「改革派」だったが、当初は試合進行の妨げになるとして却下されていた。しかし、あらゆるスポーツで映像による確認が進んでいるなかで、柔道も導入に踏み切っているわけだが、試合進行の妨げになっている。

 主審ではなくジュリーの方にアピールする選手まで出てきた。

 畳の上の秩序が崩壊しているように見える。

 映像判定は、あくまで試合の流れのなかで、補助的な役割のものでなくてはならないと思う。たとえば、米プロフットボール(NFL)では、ヘッドコーチが映像判定を要求し、もし判定が覆らなかった場合はタイムアウトの数が減らされる。リスクがあるわけだ。映像判定をルールのなかにうまく取り込み、ある意味、テレビの視聴者を楽しませている。

 こうした発想が、改善に向けてのヒントになるはずだ。

 柔道の判定は明確な基準が設けにくく、主観が大きく左右するからこそ、主審の存在が重要なのだ。柔道が国際スポーツとして生き残るには、審判技術の向上、そして映像判定をよりよい形で運用していくことが必要だ。(スポーツジャーナリスト 生島淳)

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.