天気予報を見る
 
新聞購読申込

男子柔道金メダルゼロで残り3日/いよいよ正念場

2012/08/01 06:11

 【ロンドン共同】柔道の日本男子は4階級を終え、金メダルがゼロと苦境に立たされた。残りの3階級でも獲得できなければ、正式競技となった1964年東京大会以来初めて(不参加の80年モスクワ大会を除く)という屈辱が待ち受ける。

 首脳陣の構想では、初日からの3日間で最低でも1個は取れると踏んでいた。それが下馬評の高かった73キロ級の中矢力が決勝で敗れるなど、ここまでのメダル数は銀2、銅1個にとどまっている。

 篠原信一監督は「非常に厳しい。良ければこの3日間で2個と考えていた。あと一歩のところで勝ち切れない」と危機感をにじませた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.