天気予報を見る
 
新聞購読申込

陸上、小谷が男子100m制す/女子の福島は決勝棄権

2011/04/29 18:15

 男子100メートル決勝 10秒28で優勝した小谷優介(65)=広島広域公園陸上競技場
 男子100メートル決勝 10秒28で優勝した小谷優介(65)=広島広域公園陸上競技場

 陸上の世界選手権(8月27日開幕・大邱=韓国)代表選考会を兼ねた織田記念国際は29日、広島広域公園陸上競技場で行われ、男子100mは新鋭の小谷優介(立命大)が10秒28で優勝した。

 女子100mは日本記録を持つ福島千里(北海道ハイテクAC)が決勝を棄権。日本陸連によると、レース直前に左ふくらはぎがけいれんしたため、大事を取った。追い風2・6mの参考記録ながら、市川華菜(中京大)が11秒28で日本勢トップの2位に入り、高橋萌木子(富士通)は11秒41で4位にとどまった。

 男子棒高跳びは沢野大地(千葉陸協)が5m50で勝ち、女子100m障害は木村文子(エディオン)が13秒28で制した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.