天気予報を見る
 
新聞購読申込

ラグビーW杯に36億円拠出/サッカーくじから助成

2011/04/15 20:50

 サッカーくじを運営する日本スポーツ振興センターは15日、2019年に日本で開催されるラグビーW杯運営費のうち36億円を拠出することを決めた。同センターは国内で行われるスポーツの国際大会に助成を行っており、180億円と見込まれているW杯日本大会の運営費の2割に相当する。

 W杯を主催する国際ラグビーボード(IRB)は大会が赤字に陥った場合に備えて政府などの財政保証を要求していた。日本ラグビー協会は今回の助成金の交付決定を財政保証として扱うようにIRBに求める。同協会の矢部達三専務理事は「後押ししていただき、日本大会を成功させようという皆さんの気持ちを感じる」と感謝した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.