天気予報を見る
 
新聞購読申込

新体操、大貫がトップで候補入り/世界代表選考会

2011/04/10 17:47

 個人総合で1位になった大貫友梨亜のリボン=国立代々木競技場
 個人総合で1位になった大貫友梨亜のリボン=国立代々木競技場

 新体操の世界選手権(9月・フランス)代表選考会最終日は10日、東京・国立代々木競技場で個人総合の後半(クラブ、リボン)を行い、前半首位の大貫友梨亜(東女体大OG)が合計99・900点で1位となり、2位の山口留奈(イオン)とともに昨年も出場した世界選手権の代表候補入りした。

 3位穴久保璃子(イオン)と4位中津裕美(東女体大)も候補入り。7月下旬まで4度の試技会を経て代表が決まる。

 4人は6月のアジア選手権(アスタナ)代表にも決定。8月のユニバーシアード夏季大会(深セン=中国)の団体総合代表は日女体大に決まった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.