天気予報を見る
 
新聞購読申込

キュシュが滑降2連覇/女子はボンが総合首位に

2011/03/16 22:07

 【レンツェルハイデ(スイス)AP=共同】アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は16日、スイスのレンツェルハイデで滑降最終戦を行い、男子はディディエ・キュシュ(スイス)が2季連続4度目の種目別優勝を決めた。レース前まで首位だったミヒャエル・ワルヒホファー(オーストリア)が11位に沈み、1分23秒25で4位だったキュシュが逆転した。

 1分22秒94のアドリアン・トー(フランス)がW杯初優勝した。

 女子は総合4連覇を狙うリンゼイ・ボン(米国)が1分28秒88の4位になり、総合得点で首位だったマリア・リーシュ(ドイツ)を小差で上回り、3試合を残してトップに立った。滑降の種目別優勝は既にボンが決めていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.