天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本は4大会連続の「銅」/レスリング女子W杯

2011/03/07 08:15

 レスリング女子の国別対抗戦、ワールドカップの3位決定戦で攻める伊調馨(上)=リエバン(共同)
 レスリング女子の国別対抗戦、ワールドカップの3位決定戦で攻める伊調馨(上)=リエバン(共同)

 【リエバン(フランス)共同】レスリング女子の国別対抗戦、ワールドカップ(W杯)最終日は6日、フランスのリエバンで行われ、3位決定戦に回った日本はカナダに6―1で快勝し、4大会連続で銅メダルを獲得した。

 7階級で争う団体戦で、日本は51キロ級以外の6階級で勝利。昨年の世界選手権覇者の48キロ級の坂本日登美(自衛隊)と63キロ級の伊調馨(綜合警備保障)は1次リーグの3試合を含め、4試合全勝だった。

 決勝は中国が米国を4―3で下し、5連覇を成し遂げた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.