天気予報を見る
 
新聞購読申込

ジャンプ団体で日本は6位/距離で小林27位

2011/03/06 01:03

 【オスロ共同】ノルディックスキーの世界選手権第11日は5日、オスロで行われ、ジャンプ男子団体ラージヒル(HS134メートル、K点120メートル)は強風のため1回目終了後に打ち切りとなり、竹内択(北野建設)湯本史寿(東京美装)葛西紀明(土屋ホーム)伊東大貴(雪印)の日本は6位で3大会連続のメダル獲得はならなかった。オーストリアが優勝した。

 距離女子30キロフリーは、初出場の23歳、小林由貴(岐阜日野自動車)が1時間32分4秒7で27位だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.