天気予報を見る
 
新聞購読申込

加藤7位で総合2位後退/スピードのW杯最終戦

2011/03/05 00:04

 【ヘーレンフェイン(オランダ)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)最終戦は4日、オランダのヘーレンフェインで開幕し、男子500メートルで加藤条治(日本電産サンキョー)は35秒26の7位に終わり、6日の1レースを残して種目別総合優勝争いでトップから2位に後退した。李康ソク(韓国)が35秒03で優勝し、W杯得点を740としてトップに浮上。加藤は655点となった。

 日本勢は太田明生(JR北海道)が35秒24で6位に入ったのが最高で、長島圭一郎)(日本電産サンキョー)は35秒29で8位。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.