天気予報を見る
 
新聞購読申込

日高が首位で最終選考会へ/世界新体操の2次選考会

2009/05/06 17:45

 個人総合で首位に立った日高舞のリボン=国立代々木競技場
 個人総合で首位に立った日高舞のリボン=国立代々木競技場

 新体操の世界選手権(9月・三重県伊勢市)代表第2次選考会最終日は6日、東京・国立代々木競技場で個人総合後半のボールとリボンを行い、昨年の全日本選手権を制した日高舞(東女体大)が前半のロープとフープを含め、合計98・300点でトップに立った。今大会の得点の半分を持ち点として、最終選考会(6月・東京体育館)を争う。

 日高と2位の大貫友梨亜(東女体大OG)は7月のユニバーシアード(ベオグラード)の代表に決定。3位の井上実美(飛行船ク)と4位の庄司七瀬(東女体大)が7月のワールドゲームズ(台湾)代表に選ばれた。

 団体は1位となった東女体大がユニバーシアード代表に決まった。世界選手権の団体には、北京五輪代表の6人が出場することが決まっている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.