三好が新主将 香川オリーブガイナーズ

2017/12/07 09:36

 

 香川オリーブガイナーズは6日、来季の主将に丸亀高出身の三好一生捕手が決まったと発表した。2005年のチーム誕生以降、地元出身選手が主将を務めるのは初。三好は球団を通じ、「来季は既存の選手が多く残り、今まで以上にパワーアップしたガイナーズをファンに見せられると思う。独立リーグ日本一を目指して、また多くの選手がNPB(日本野球機構)へ行けるよう頑張っていきたい」とコメントした。副主将には秀伍投手と岡村瑞希内野手が決まった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459