ガイナーズ、最下位転落/四国ILplus

2014/08/16 09:30

 

 四国アイランドリーグplusは15日、香川県高松市生島町のレクザムスタジアムで香川オリーブガイナーズ―高知ファイティングドッグスを行い、香川は0―2で競り負けた。2試合連続の完封負けで、引き分けを挟んで5連敗となり、最下位に転落した。

 香川は一回2死一、二塁、五回2死一、三塁など再三好機をつくりながら、相手投手陣に要所を締められた。2度のけん制死も痛かった。

 先発の右腕酒井は、前日に続く2連投の中、6回1失点と力投したが、打線の援護がなかった。

 ▽レクザムスタジアム
高 知001000001―2 
香 川000000000―0 
▽勝 ビラセニョール26試合7勝4敗2S
▽S デヘスス27試合3勝2敗6S
▽敗 酒井8試合1勝3敗
▽二塁打 梶田、アンビ、バティスタ▽失策 原口2、生田目▽捕逸 有山▽与死球 ビラセニョール2(首浦、長安)酒井(根津)
▽試合時間 2時間42分

乗り越えろ
 香川・西田真二監督の話
 みんな一生懸命やっている。好機に一本出るかどうかの違いだけ。負の連鎖が続いているが、NPBを目指しているのであれば、ここを乗り越えなければいけない。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459