年間MVPに山野/ベストナイン香川から5選手

2012/11/07 09:36

 

ベストナインや個人表彰を受け、ガッツポーズする香川勢。左から桜井、島袋、水口、星野、山野、酒井、国本=高松市内のホテル

ベストナインや個人表彰を受け、ガッツポーズする香川勢。左から桜井、島袋、水口、星野、山野、酒井、国本=高松市内のホテル

 四国アイランドリーグplusが今季活躍した選手らを表彰する「アワード2012」が6日、香川県高松市内のホテルであり、年間MVPに香川オリーブガイナーズの山野恭介投手が選ばれた。

 山野は独立リーグとNPB(日本野球機構)間で今季開幕前に締結された「NPB育成選手派遣制度」により、広島から4月に香川入りした右腕。前、後期合わせて26試合に登板し、16勝(4敗)で最多勝利のタイトルを獲得、チームの総合優勝に大きく貢献した。

 リーグの鍵山誠最高経営責任者(CEO)から表彰状などを手渡された山野は、「受賞は監督やコーチらスタッフのおかげ。来年は広島で精いっぱい頑張る」と話した。

 ベストナインの発表もあり、香川からは山野投手、星野雄大捕手、水口大地二塁手、島袋翔伍外野手と、指名打者の桜井広大の計5選手が選出された。後期のリーグMVPには打率3割4分5厘(後期)をマークした愛媛マンダリンパイレーツの大井裕喜外野手が選ばれた。

 このほか、リーグ総合優勝でソフトバンク杯も制した香川の表彰や、ドラフト会議で指名を受けた星野、水口の香川2選手の紹介なども併せて行われた。

 アワードにはスポンサーや各球団の関係者ら約200人が出席。鍵山CEOは高知ファイティングドッグス出身でプロ野球パ・リーグの首位打者に輝いた角中勝也(ロッテ)の活躍を挙げ、「このリーグの存在意義を証明できた。これからも四国に元気を与えていきたい」と話した。

 香川勢以外のベストナインは次の通り。

 ▽一塁手 ブレット(愛媛)▽三塁手 藤長賢司(愛媛)▽遊撃手 村上祐基(高知)▽外野手 大井裕喜、高田泰輔(以上愛媛)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459