香川、ホーム開幕戦飾る/四国ILplus

2012/04/09 09:52

 

【香川―高知】6回裏香川無死満塁、桜井が中前打を放ち1点を返す。投手・山崎=レクザムスタジアム

【香川―高知】6回裏香川無死満塁、桜井が中前打を放ち1点を返す。投手・山崎=レクザムスタジアム

ガイナーズのチャンスに沸く一塁側のファン=レクザムスタジアム

ガイナーズのチャンスに沸く一塁側のファン=レクザムスタジアム

 四国アイランドリーグplusは8日、高松市生島町のレクザムスタジアムなどで2試合を行い、香川オリーブガイナーズは高知ファイティングドッグスに10−3で逆転勝ち。前日の開幕戦に続き、ホーム初戦も白星で飾った。

 香川は3点を追う六回、代打三吉の右越え二塁打と2連続四球でつくった無死満塁からDH桜井が中前に適時打。続く北村は中犠飛を放ち、涌嶋の遊ゴロが敵失を誘い同点に追いついた。さらに大西、星野、水口の3連続適時打もあり、この回打者11人で一挙7点を奪い逆転した。

 先発右腕の酒井は四回にソロ本塁打を浴びて先制されると、五回は内野の2失策で招いたピンチから中軸に2連続で適時打を許した。六回からは山野―西村―マエストリのリレーで無失点に抑えた。

 ▽レクザムスタジアム
高知000120000―3
香川00000712×―10
▽勝 山野1試合1勝
▽敗 山崎1試合1敗
▽本塁打 曽我1号(1)(高)
▽二塁打 三吉、大西、水口、西山▽盗塁 村上、根津、北村▽失策 西本、水口、ペレス▽暴投 野原2▽与死球 西村(根津)野原(国本)
▽試合時間 3時間9分

勝ちパターンできた
 香川・西田真二監督の話 六回の7点は流れの中で取れた。相手のエラーによくつけ込んだ。高知はうちに苦手意識があるのか、プレッシャーを感じていたようだ。西村、マエストリはきょうも良く、勝ちパターンができた。

投手陣踏ん張り白星につなげる
 香川は投手陣が踏ん張ってホーム開幕戦の白星につなげた。

 先発の酒井は内野陣の度重なる失策に足を引っ張られながらも、5回を3失点(自責点1)と粘りの投球。「追い込んでからの球が甘かった」と右腕は反省の言葉が口をついたが、チームの勝利に表情も柔らかかった。

 一方、救援陣は2試合連続の好投。3番手の左腕西村が「スライダーで簡単にストライクが取れた」と七、八回を零封すれば、抑えのマエストリも盤石。九回を前日と同じく3人で締め、「(内容は)全体的に90点くらい。まだまだ状態は上がっていく」と余裕の表情だった。

ここ一番勝負強く 桜井3打数3安打
 香川が六回に集中した打撃で鮮やかに逆転した。打者一巡の猛攻で一挙7得点。相手に傾いていた流れを一気に引き戻した。

 口火を切ったのは先頭の代打三吉。前日は先発出場しながらも3打数無安打に終わっていた新人は、「どんな形でもいいから出塁しようと思っていた」と追い込まれながらも外角直球を逆らわずに右越えに運んで二塁打。続く国本、島袋はしっかりボールを見極めて四球。無死満塁で打順が回ってきたのは前阪神の桜井だった。
 NPB(日本野球機構)復帰を目指す28歳にとって、これ以上ないアピールの場面。「みんながつないでくれたチャンス。絶対ものにする」と強い気持ちで臨み、1ボール1ストライクから130キロの甘い直球を中前にはじき返した。

 桜井は適時打を含めて3打数3安打。第2打席には四球を選んでおり、全4打席で出塁した。前日は代打で九回に出場したが、公式戦の先発はこのホーム開幕戦が初めてとあり、「いいスタートが切れた。この勢いに乗っていきたい」と端正な顔立ちをほころばせた。

 ここぞ、という場面で必ず打つ勝負強さ。この日の桜井に対しては、誰もがそのスター性を認識したことだろう。このリーグでゼロからのスタートを期す背番号0の働きで連勝をつなげた香川。前日からの2試合で今季を占うのは早計だが、期待感は高まるばかりだ。

ファン詰めかけ大声援で後押し
 地元開幕戦に1600人を超すファンが詰めかけ、大声援で鮮やかな逆転劇を後押し。

 家族で訪れた高松市の保育士河野美保さん(25)は「この勢いで優勝してほしい」と興奮気味。姉妹で応援に駆けつけた琴平町の会社員大西知恵子さん(40)も「強さは本物。ことしは期待できそう」と満面の笑みだった。

 今季から日曜日に着用することになった黄色ベースの新ユニホームも好評。ファン歴7年の高松市の会社員武内伸一さん(48)は「新鮮な感じがする。(大リーグの)アスレチックスに似ているし、ガイナーズも同じような強いチームになってほしい」と願いを込めていた。

 ▽JAバンク徳島
ソフト000000000―0
徳 島000000000―0
(九回規定により引き分け)
(ソ)伊藤、二保、坂田―拓也(徳)バレンティン―山城

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459