香川、連覇ならず 徳島に逆転負け/四国ILplus

2011/10/03 09:48

 

【香川―徳島】3回表香川1死二塁、島袋の左前打で二走亀沢が本塁を突くもタッチアウト=JAバンク徳島スタジアム

【香川―徳島】3回表香川1死二塁、島袋の左前打で二走亀沢が本塁を突くもタッチアウト=JAバンク徳島スタジアム

 四国アイランドリーグplusの年間王者を決めるチャンピオンシップ(CS、5回戦制)の第4戦は2日、徳島市のJAバンク徳島スタジアムであり、後期優勝の香川オリーブガイナーズは前期を制した徳島インディゴソックスに1−2で逆転負け。徳島が3勝1敗で初の総合優勝を飾り、香川の2年連続5度目のリーグ制覇はならなかった。

 香川は一回、四球とリの中前打でつくった2死一、三塁から国本が左中間に適時打を放ち1点先制。先発の右腕大場は低めを丁寧に突いて四回まで1安打に抑えていたが、五回に被安打3で2点を失い逆転された。

 打線は三回から3イニング連続で無死二塁の好機をつくるなど、二回から七回まで毎回先頭を出しながら一本に恵まれなかった。要所での送りバントやエンドランの失敗が響いた。

 試合終了後に表彰セレモニーがあり、香川からは酒井大介投手が敢闘賞に選ばれた。

 徳島は独立リーグ日本一を懸け、22日からBCリーグ覇者とグランドチャンピオンシップを行う。

 ▽JAバンク徳島
香 川(後期優勝)
   100000000―1
   00002000×―2
徳 島(前期優勝)
(徳島は優勝)
▽勝 シモン2試合1勝1敗
▽S 富永3試合2S
▽敗 大場2試合1敗
▽二塁打 国本、西森▽盗塁 関口、山村▽失策 関口▽与死球 大場(根鈴)シモン(島袋)
▽試合時間 2時間59分

押していたが…
 香川・西田真二監督の話
 押していた展開だったが…。得点圏には再三ランナーを出したが、もう一押しできなかった。ここ3試合とも打線に勢いがつかなかった。徳島の初優勝に懸ける思いの方が強かったのだろう。

ミス相次ぎ流れ手放す 「力不足と言うしか…」
 初のリーグ制覇に喜びを爆発させる徳島ナインを横目に、香川の選手たちはぐっと悔しさを押し殺した。それでもCSで初めてとなる相手の胴上げを目の当たりにし、そっと涙をぬぐう選手もいた。

 前日に続いて先制点を挙げたが、以降はもどかしい展開が続いた。四回は国本、五回は西森がそれぞれ先頭打者として二塁打を放つなど、毎回のように好機はあった。打線は相手を上回る8安打。それでも得点は初回の1点のみ。「要所で一本に恵まれなかった」と言えばそれまでだが、送りバントを3度失敗するなど要所でミスが続き、流れを自ら手放した。

 「大事なところでミスするということは力がないということ」と前田コーチ。副主将の国本も「こういう試合で打線がつながらないのは力不足と言うしかない」と同じニュアンスで力負けを認めた。本人は先制適時打を含め3安打と気を吐いただけに、敗戦は心底悔しそうだった。

 五回に逆転を許した大場は「もう少し冷静に投げていれば違った結果になったかも」とうなだれたが、それまでは強打の徳島打線を1安打に抑えており、好投と言っていいだろう。何よりレギュラーシーズン終盤からの安定ぶりは大いに光っていた。

 このメンバーでの試合はこれが最後。試合後のミーティングで西田監督は「来年もガイナーズと契約する選手は、また頑張ろう」と呼び掛けた。ナインの中にはドラフトで指名を受ける選手もいれば、別の道を歩む選手もいるだろう。ただ、来季もこのリーグでプレーする選手にとっては、このCSは大きな経験の場となったはず。ひと回り成長した姿を来季に期待したい。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459