香川初黒星、連勝8でストップ−四国・九州IL

2008/04/27 09:37

 

【徳島―香川】徳島7回表、適時打を浴びた橋本(右から2人目)をマウンドで囲むナインら=サーパススタジアム

【徳島―香川】徳島7回表、適時打を浴びた橋本(右から2人目)をマウンドで囲むナインら=サーパススタジアム

【徳島―香川】香川1回表1死一、二塁、智勝が左越えに先制の3ランを放ち、一走堂上、二走洋輔に迎えられる

【徳島―香川】香川1回表1死一、二塁、智勝が左越えに先制の3ランを放ち、一走堂上、二走洋輔に迎えられる

 四国・九州アイランドリーグは26日、高松市生島町のサーパススタジアムなどで3カードを行った。首位の香川オリーブガイナーズは5位の徳島インディゴソックスに4―6で逆転負け。開幕から9戦目で初黒星を喫し、チーム初の9連勝はならなかった。

 香川は一回、2四球で得た一死一、二塁で智勝が左越えに先制の3ラン。主導権を握ったが、七回の守りで丈武の一塁悪送球から好投の先発橋本がつかまり同点。さらに一死一塁で代わったばかりのイ・チャンホが甘い真っすぐを徳島のアティングに右越えに本塁打され、勝ち越しを許した。

 打線はすぐに国本、西森の連続長短打から1点を返したものの八、九回は元広島の右腕梅原に完ぺきに抑えられた。

 ▽サーパス
徳 島010000410―6 
香 川300000100―4 
(徳)渡辺、片山、梅原―加藤(香)橋本、イ、岡本、松居、福田―堂上、西森
▽本塁打 アティング(徳)、智勝(香)
▽三塁打 斎藤▽二塁打 斎藤、金谷、国本▽盗塁 山口、智勝、西森▽失策 斎藤、丈武
▽試合時間 2時間57分

楽勝ムードから徳島に逆転負け
 ○…「野球は何が起こるか分からない」。連勝中、西田監督が繰り返していた言葉が現実になった。4連敗中の徳島にホームでまさかの逆転負け。開幕からの連勝が止まった。

 この日も智勝の派手な3ランで先手を取り、楽勝ムードが漂った。しかし六回無死、二、三塁。二走智勝が相手捕手からのけん制に帰塁できず、挟殺プレーで三走堂上が憤死。攻守のリズムがおかしくなった。

 直後の七回の守備。先頭打者の当たり損ねの遊ゴロ(記録は内野安打)を丈武が不安定な体勢で一塁へ投げ、二進を許した。徳島打線に活気を与え同点、逆転劇を招いた。

 ただ、西田監督は「野球はこういうもの。いい反省材料ができた」とサバサバ。「気持ちを切り替え、うちらしい野球をやるだけ」と27日から始まる高知との3連戦へ話題を移した。

 ▽松山中央公園
高 知000310000―4 
愛 媛002000010―3 
(高)野原、上里田―キム、藤嶋(愛)高木、森、宇都宮、西川―梶原

 ▽鳥栖市民
長 崎000001000―1 
福 岡00020000×―2 
(長)ゲレロ、前田―本山、松本(福)浦川、大沢、森―ショウ

27日の四国・九州IL
香川(金子)―高知(山隈)(13時 サーパス)
愛媛―長崎(14時 大洲)
福岡―徳島(18時 鳥栖)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459