四国IL観客動員、過去最多の19万7998人

2007/11/01 09:38

 

表彰式で石毛コミッショナー(右端)から、チャンピオンフラッグを受け取る香川オリーブガイナーズナインら=香川県高松市内のホテル

表彰式で石毛コミッショナー(右端)から、チャンピオンフラッグを受け取る香川オリーブガイナーズナインら=香川県高松市内のホテル

 四国アイランドリーグを運営するIBLJ(鍵山誠社長)は31日、高松市内で3年目のシーズン終了会見を開いた。レギュラーシーズン全180試合の観客動員数は過去最多の19万7998人(1試合平均1100人)と発表。昨年の14万4199人(同806人)、1年目の19万1194人(同1068人)を上回った。1年目から続く赤字額については過去最少の1億円以下になる見込みを示し、鍵山社長は「観客動員の上では最も成功した年。地域に少しずつ興味を持っていただき、認められたと思う」と成果を強調した。

 会見には、鍵山社長、石毛宏典コミッショナーのほか、4球団の監督が出席。鍵山社長は全観客動員数のうち、約4割が無料入場券だったことを明かしたが、「入場者が増えたことでスポンサーも増えた。飲食、グッズ販売なども好調だった」と売り上げが伸びたことが赤字額の減少につながったことを説明。リーグを存続させるため、「努力を怠ることなく、収支を限りなくゼロにしていくのが課題」と語った。

 香川オリーブガイナーズのホーム45試合の観客動員数は7万1634人(前年4万5145人)。同球団によると、運営収支のうち、支出は選手報酬、球場使用料などで約1億2000万円。一方の収入はスポンサー、入場料、物品販売などで1億1000万―2000万円の見込みだという。

 九州2球団を加えた来季のリーグについて、鍵山社長は「九州で苦労するのは覚悟している。3年間のノウハウを生かし、四国より早いスピードで地域に定着させたい」と抱負。石毛コミッショナーは「独立リーグの存在意義が評価されつつある。早く成功事例をつくり、全国にチームを立ち上げたい」と意欲を示した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459