天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

香川オリーブガイナーズ2018 期待の新戦力(1)右の本格派投手 森崎友星 NPB入り夢見る20歳

2018/03/13 09:57


 発足14季目を迎える四国アイランドリーグplusの2018年シーズンが31日に開幕する。各チームが調整に励む中、8年ぶりの独立リーグ日本一を目指す香川オリーブガイナーズも1日からオープン戦が始まり、就任12季目の西田真二監督ら首脳陣がチームの戦力を見極めている。香川は今季、新たに8選手が加入。県出身選手や即戦力として期待できる大卒ルーキー、外国人選手ら多彩な顔ぶれが集まった。王座奪還の鍵を握る新戦力の横顔を紹介する。

 ダイナミックな投球フォームから、勢いのある速球を投げ込む本格派右腕。NPB(日本野球機構)入りを夢見る20歳は「まずは一日でも早くチームに貢献できる投手になる」と力を込める。

 高松市生まれ。小学低学年時に野球を始めた。高松中央高では2年生からエースとして活躍。卒業後県内の社会人チームに約1年半所属したが、「NPB入りへの可能性を広げたかった」と独立リーグ入りを決断した。

 決して楽な道でないことは実感している。「誰もが、のし上がってやろうという気持ちを持っている」とチームメートのハングリー精神に心が騒ぐ。うまく投げようとすればするほど、経験したことのない緊張感にも襲われた。初マウンドとなった2日の同大とのオープン戦では、2番手で登場して3回途中5失点。ふがいなさを痛感した。

 それでも、立ち止まっている暇はない。背番号は昨年7月に誕生した長女・心陽(みお)ちゃんにちなんで「30」を選んだ。「家族のためにも頑張っていきたい」。一歩ずつ、成長の階段を上がっていく覚悟だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.