天気予報を見る
 
新聞購読申込

レッドソックス、堂上捕手(香川OG)獲得へ

2008/02/07 09:34

米大リーグのレッドソックスと入団交渉を進めている香川オリーブガイナーズの堂上隼人捕手
米大リーグのレッドソックスと入団交渉を進めている香川オリーブガイナーズの堂上隼人捕手

 米大リーグのレッドソックスが、香川オリーブガイナーズの堂上隼人捕手(25)の獲得へ向け、最終的な交渉に入っていることが6日分かった。マイナー契約と見られ、堂上は「大リーグはあこがれだが、今は待つ身。正式契約できれば頑張りたい」と実現を心待ちにしている。

 堂上は1月11日から、チームメートの塚本浩二投手とともにオーストラリアのアマチュアリーグに参戦。試合を観戦していたレッドソックスのアジア地域担当スカウトがすぐに目を付け、交渉が始まった。レッドソックスは捕手が手薄なことや、松坂大輔、岡島秀樹の両日本人投手を抱え、即戦力として使える堂上に興味を示したとみられる。

 オーストラリアには3月中旬まで滞在する予定だったが、香川球団が本人の意向を確認するため、4日に帰国していた。契約が順調に進めば、春季キャンプ(フロリダ)に合流する予定。

 堂上は横浜商科大時代、日米大学野球選手権に出場した逸材。社会人の日産自動車を経て2006年5月に香川OG入りし、遠投130メートルの強肩、パワフルな打撃ですぐにチームの中核を担った。

 攻守の要としてチームの3期連続優勝、総合2連覇、独立リーグ日本一に貢献。個人タイトルでも06年に首位打者、本塁打王の2冠を獲得してリーグMVPに輝き、07年は後期のMVPに選出された。

 NPB(日本プロ野球組織)球団も注目。この2年間、大学生・社会人ドラフトで有力候補に名前が挙がっていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.