天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川、今季初4連敗 ソフトに5―9 四国ILplus

2019/05/06 09:18

【香川―ソフトバンク3軍】5回表に勝ち越しを許し、なおも1死満塁のピンチでマウンドに集まる香川の内野陣=レクザムスタジアム
【香川―ソフトバンク3軍】5回表に勝ち越しを許し、なおも1死満塁のピンチでマウンドに集まる香川の内野陣=レクザムスタジアム

 四国アイランドリーグplusは5日、高松市生島町のレクザムスタジアムなどで2試合があった。香川オリーブガイナーズはソフトバンク3軍との定期交流戦を5―9で落とし、今季初の4連敗となった。通算成績は5勝1分け9敗。

 香川は中盤に投手陣が崩れた。四回に2番手の右腕四戸が2死一、二塁から2点二塁打で先制を許し、五回は畝、青柳の救援陣が打者10人を送られて計6失点。守りのミスも絡み、一気に主導権を握られた。

 打線は2点を追う四回1死二、三塁から暴投などで一時同点。2―8の六回1死満塁から敵失などで3点を返したが、流れを覆せなかった。

 ▽レクザムスタジアム
ソフト000260100―9
香 川000203000―5
▽勝 笠原2試合1勝
▽S 渡辺雄4試合1勝2S
▽敗 畝6試合3敗
▽二塁打 砂川、張本、白方▽盗塁 大本、中村▽失策 野村、砂川、中村晨、妹尾、直野▽暴投 笠原、畝、青柳▽与死球 中村晨(三好)
▽試合時間 3時間28分

球速「160」キロ ソフト左腕古谷
 5日に高松市生島町のレクザムスタジアムで行われた香川オリーブガイナーズ―ソフトバンク3軍で、ソフトバンクの左腕古谷優人(20)が球場の計測で160キロを2度マークした。

 日本球界の左腕では、西武の菊池雄星(現マリナーズ)が158キロ、中日のロドリゲスが159キロをマークしている。

 古谷は3番手で登板した七回2死一塁から、香川の5番白方への初球で160キロを計測。この球を白方は左翼線二塁打し、投げた古谷、打った白方の両者に対し、観客からどよめきが起きた。

 古谷は続く6番素川の4球目でも160キロを計測。香川の西田監督は「確かに速かったね。いい投手」とうなずいていた。

ひどい試合
 西田真二監督
(4連敗を喫し)ひどい試合。ミス絡みとはいえ、追い付いた直後の失点は少なくしたかった。打線もタイムリーが出ていない。誰かが奮起しないと、今の流れは変わらない。

 ▽JAバンク徳島
愛 媛010000110―3
徳 島000000004x―4
(愛)萩原、片山―藤沢(徳)安丸、伊藤、箭内、新田―川端

IL前期勝敗表(5日現在)
     試  勝  敗  引  勝
     合  数  数  分  率      差
(1)高 知 16 9  5  2  .643  −
(2)徳 島 19 11 8  0  .579  0.5
(3)香 川 15 5  9  1  .357  3.5
(4)愛 媛 18 5  12 1  .294  1.5

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.