天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川、高知に逆転負け 投打かみ合わず 四国ILplus

2019/04/14 09:23

【香川―高知】3回裏香川1死一、三塁、素川が2点目となる右前適時打を放つ=レクザムBP丸亀
【香川―高知】3回裏香川1死一、三塁、素川が2点目となる右前適時打を放つ=レクザムBP丸亀

 四国アイランドリーグplusは13日、丸亀市金倉町のレクザムBP丸亀などで2試合があった。香川オリーブガイナーズは高知ファイティングドッグスと対戦、中盤に逆転されて3―4で惜敗し、開幕から1分けを挟んで3連敗となった。

 香川は投打がかみ合わなかった。投手陣は先発の右腕森崎が2―0の五回、先頭の平凡なゴロが一塁ベースに当たる不運な二塁打と四球などで招いた1死二、三塁から犠飛と適時二塁打で同点とされ、3―2の六回に先頭に二塁打を浴びて降板。代わって登板した右腕喜屋武もつかまり、1死二塁から連続長短打を許して2点を失った。

 打線は相手を上回る7安打。三回に素川の右前適時打などで2点を先制し、同点の五回はクリスの右翼線適時二塁打で1点勝ち越したが、六回以降は好機であと1本が出なかった。

 ▽レクザムBP丸亀
高 知000022000―4
香 川002010000―3
▽勝 古屋2試合1勝1敗
▽S 三浦4試合2S
▽敗 喜屋武1試合1敗
▽二塁打 宮田、佐藤、クリス、藤原、安田▽盗塁 妹尾、岡村2▽失策 安田、日高、妹尾▽暴投 古屋、高橋▽与死球 古屋(宮脇)
▽試合時間 2時間56分

根気強く戦う
 香川・西田真二監督の話
 森崎は五回を抑えてほしかった。四球が良くない。打線もつながりがまだまだ。相手のミス絡みの得点で、スカッとしない。はやく1勝したいが、こればかりはきっちりしたプレーを積み重ねるしかない。根気強く戦っていく。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.