天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川オリーブガイナーズ2019 期待の新戦力(5)

2019/03/24 09:37

鈴木陸
鈴木陸

青柳雄貴
青柳雄貴

教員との兼業 鈴木陸 二足のわらじでプロへ
 教員と野球選手の二足のわらじを履く坂出市出身の24歳。今季球団が兼業制を採用したこともプラスに働き、藤井中で働きながらプロ入りを目指すことを決めた。

 藤井高から進んだ松山大時代は当初からトレーナーとして野球部に所属。2年夏から選手兼任となったが、「選手としては諦めかけていた」。

 転機となったのは大学卒業目前の冬、約1カ月間米カリフォルニアのウインターリーグに参加したことだ。ここで投手で試合に初出場し、10試合ほどに登板。海外勢を相手に想像以上の投球ができ、現役としての可能性に期待を持てたという。

 周囲からは応援も批判もあり、改めて両立の厳しさを痛感したが、「子どもたちにもいい影響を与えられるのでは」と右腕。強い覚悟を胸に、挑戦の日々が始まる。

制球力光る右腕 青柳雄貴 度胸十分、気持ち前面に
 投手の経験値は決して高くないが、マウンド度胸は十分。気持ちを前面に出した投球が光る神奈川県出身の右腕は「野球ができることが幸せ。先発、中継ぎ、抑え、言われればどこでも投げたい」とリーグ開幕が待ちきれない様子だ。

 横浜商高時代は内野手。社会人クラブチームの横浜金港クラブで投手を始めた。一番の持ち味は安定した制球力。打者の手元で変化するカットボール気味の直球も特徴だが、球速が140キロ前後だけに、「最低140キロ後半は投げられるようにならないと」と今後の課題を見据える。

 グラウンドを離れると、得意のものまねで場の雰囲気を和ませるムードメーカーな一面もある21歳。今季の目標には「けがをせずに年間を通して活躍し続けること」を掲げた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.