天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川オリーブガイナーズ2019 期待の新戦力(4)

2019/03/22 09:17

喜屋武一輝
喜屋武一輝

大田佳祐
大田佳祐

速球派右腕 喜屋武一輝 直球とフォークに自信
 生まれ故郷沖縄の地名にもある「喜屋武」が名字で「きゃん」と読む。身長175センチ、体重83キロのがっちりとした体格の速球派右腕は「まずは香川の人たちに名前を覚えてもらえるよう、必死に投げていく」と気持ちを高める。

 不屈の精神でどん底からはい上がってきた。興南高(沖縄)から進んだ近大産業理工学部(福岡)で2年夏に右肘を負傷し、手術を受けた。約1年半にわたってこつこつとリハビリに励み、4年春に再びマウンドへ。その夏には自己最速の147キロをマークするなど完全復活をしてみせた。

 直球のほか、落差のあるフォークも自信がある球種。「幼い頃からの夢」というプロ入りを目指し、けがを乗り越えて香川に来た22歳は「一日一日を大切にし、成長につなげたい」と誓う。

俊足外野手 大田佳祐 三盗決めインパクトを
 「速さなら負けない」と自負がある。50メートル5秒7を誇る俊足の外野手。近づくリーグ開幕を見据え、「二盗だと普通。三盗を決めてインパクトを残したい」と、最大の武器を生かしてレギュラー獲得を目指す。

 「今まで中途半端なことばかり」と自身の歩みを振り返る。故郷山口の南陽工高から近大工学部(広島)に進んだが、単位が足りず4年時に中退。その後就職したものの、野球を諦めきれずに半年で退社した。香川にきて、固く胸に誓ったことがある。「ここで駄目な自分を大きく変えたい」

 入団の後押しをしてくれた、同郷でガイナーズ出身のヤクルト・三輪正義内野手が「憧れで、越えたい存在」。独立リーグ出身で初の国内フリーエージェント(FA)権を取得した先輩を目標に23歳の挑戦が始まる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.