天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川、延長耐えドロー 群馬と6―6 野球独立リーググランドチャンピオンシップ第3戦

2018/10/14 09:17

【香川―群馬】8回表香川2死二、三塁、白方が右越え2点適時二塁打を放つ=前橋市民球場
【香川―群馬】8回表香川2死二、三塁、白方が右越え2点適時二塁打を放つ=前橋市民球場

 野球の独立リーグ日本一を決めるグランドチャンピオンシップ(GCS)は13日、群馬県の前橋市民球場に舞台を移して第3戦が行われ、四国アイランドリーグplus年間総合優勝の香川オリーブガイナーズは規定により延長十回の末、ルートインBCリーグ覇者の群馬ダイヤモンドペガサスと6―6で引き分けて対戦成績を1分け2敗とした。

 香川は上下位問わず打線がしぶとく食らい付いた。1―3の四回、2四球と松井の左前打で得た1死満塁から三好の左前打で1点差とし、なおも満塁から併殺崩れの間に同点。3―5の六回に岡村、三好の連打でつくった1死一、三塁から井戸川の中犠飛で1点差に詰め寄ると、八回は四球と三好の左前打などで2死二、三塁と攻め、白方の右越え2点二塁打で一時勝ち越した。

 投手陣は右3枚が継投。七回から登板した3番手の原田は八回に同点打を許したが、九回を三者凡退に抑え、十回は一打サヨナラの場面を無失点で切り抜けた。

 GCSは3勝先取(5回戦制)。第4戦は14日午後6時から同球場で行われる。予告先発は香川が右腕石田、群馬が左腕トーレス。

 ▽前橋市民
香川(四国IL)
   1002010200―6
   1202000100―6
群馬(BCL)
(延長十回規定により引き分け)

▽本塁打 青木1号(1)(群)
▽二塁打 藤井、加藤、白方▽盗塁 井戸川、藤井2▽失策 加藤▽暴投 畝、田代▽与死球 原田(李福健)
▽試合時間 3時間49分

首の皮一枚つながる
 香川は8年ぶりの日本一へ首の皮一枚つながった。6―6で迎えた延長十回裏は原田が2四死球で2死一、二塁を招き、2番打者に4球目のツーシームを完璧に捉えられたが、強烈なライナー性の打球は高く跳び上がった一塁岡村のグラブの中へ。群馬ファンのため息が漏れる中、辛くも第4戦に望みをつないだ。

 引き分けに持ち込めたのは打線の奮起があってこそだった。ハイライトは八回。2死二、三塁で1番白方は「初球からいくと決めていた」。やや内角寄りのスライダーを強振した打球は右翼手の頭上を越える逆転の二塁打。最終的に決勝の一打とはならなかったものの、西田監督は「打線がつながってきている。意地は見せられたし、良かったのでは」と底力を見せた野手陣をねぎらった。

 第4戦は、第2戦でわずか1安打に抑え込まれたトーレスとの再戦が待ち受ける。4番クリスは「速球に振り負けない。打てると信じて打席に立ちたい」と闘志を燃やしていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.