天気予報を見る
 
新聞購読申込

29日敵地でCS第3戦 香川、左投手攻略が鍵 先発予定は森崎 四国ILplus

2018/09/28 09:27

フリー打撃に汗を流す香川の宋(右端)。後方左から2人目は西田監督=県営第二球場
フリー打撃に汗を流す香川の宋(右端)。後方左から2人目は西田監督=県営第二球場

 四国アイランドリーグplus2018年シーズンの年間総合優勝を決めるチャンピオンシップ(CS)は29日、松山市の坊っちゃんスタジアムに舞台を移して第3戦が行われる。CSは3勝先取の5回戦制。香川オリーブガイナーズ(前期優勝)はホームであった第1、2戦を連勝しており、6季ぶりの栄冠へあと1勝と勢いをつけて愛媛マンダリンパイレーツ(後期優勝)の本拠地に乗り込む。

 香川ナインは25、26の両日、高松市生島町の県営第二球場などで全体練習に汗を流した。27日は兵庫県の鳴尾浜球場で行った阪神2軍との交流戦で実戦感覚を養い、投打に仕上がりは上々。西田監督は「土曜日に決める。チーム一丸で集中して戦いたい」と力を込める。

 香川の第3戦勝利への鍵は、打線が第1、2戦で苦しめられた左投手中心の愛媛先発陣を攻略できるかどうか。第1戦で左腕樽見から鮮やかな右前打を放った宋は「臨機応変に対応しつつ、時には割り切って勝負するのも大事」とポイントを挙げる。指揮官の予想では第3戦の先発は左腕正田。近藤野手コーチは「速い球があるわけではない。打つべき球を打って」と打者に求める。

 投手陣は右腕森崎が先発予定。第1戦の先発時は4回2/3を被安打2、1失点とまずまずの結果で終えた。ただ、持ち味のスピンの利いた直球をバットの芯で捉えられた打球が多かったため、カーブなど変化球で目先を変えることが必要。安定感のある救援陣が控えるだけに、天野投手コーチは「森崎の状態はいい。1イニングずつしっかり投げてくれれば」と期待を寄せる。

 第3戦は午後6時開始予定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.