天気予報を見る
 
新聞購読申込

ガイナーズ7連勝 4戦連続2桁安打、M4 四国ILplus

2018/05/28 09:43

徳島に勝利し、笑顔でタッチを交わす香川ナイン=さぬき市志度総合運動公園
徳島に勝利し、笑顔でタッチを交わす香川ナイン=さぬき市志度総合運動公園

 四国アイランドリーグplusは27日、さぬき市志度総合運動公園などで2試合が行われ、首位の香川オリーブガイナーズは最下位の徳島インディゴソックスに7―5で競り勝ち、前期優勝へのマジックナンバーを「4」とした。

 香川はリーグ年間総合優勝を果たした2012年シーズンの後期以来となる7連勝(1分けを挟む)。前期通算成績は19勝4分け8敗。

 香川が終盤までもつれた接戦を制した。打線は4試合連続の2桁安打。1点を先制された直後の一回、妹尾の左中間二塁打などでつくった1死一、二塁から敵失で同点とし、その後の2死一、三塁から白方の内野安打で勝ち越し。三回は白方の右前適時打で1点を追加し、四回は妹尾、加藤の適時打で2点を奪った。

 5―2の六回に救援陣がつかまって同点に追い付かれたが、七回に敵失で得た1死一塁から三好が左中間二塁打を放ち、再び勝ち越し。八回は加藤、クリスの連続長短打でリードを2点に広げた。九回は抑えの右腕原田が締め、リーグ単独トップの今季11セーブ目を挙げた。

 ▽さぬき市志度
徳 島100013000―5
香 川20120011×―7
▽勝 又吉12試合2勝
▽S 原田23試合1勝11S
▽敗 相沢11試合1勝5敗
▽本塁打 瀬口1号(1)(徳)
▽二塁打 妹尾、内村、三好、クリス▽失策 福田、楠、瀬口、中村▽暴投 箱島2▽与死球 中台(白方)
▽試合時間 3時間1分

 ▽高知市営
愛 媛000000001―1
高 知03001000×―4
(愛)竹本、樽見―福田(高)加藤―ハン・ソング
▽本塁打 高井3号(3)(高)

勝ちきることが大事
 香川・西田真二監督の話
 中盤ばたつく展開になったが、いまは試合内容にかかわらず、勝ちきることが大事。打線では妹尾、白方ら下位や控えだった選手が期待に応えている。目の前の勝負に集中し、チーム一丸で戦っていきたい。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.