天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

香川競り勝つ 徳島に2―1 秀伍7回無失点 四国ILplus

2018/04/15 09:26

【香川―徳島】7回を被安打1、無失点で今季2勝目を挙げた香川の先発秀伍=レクザムBP丸亀
【香川―徳島】7回を被安打1、無失点で今季2勝目を挙げた香川の先発秀伍=レクザムBP丸亀

 四国アイランドリーグplusは14日、丸亀市金倉町のレクザムボールパーク丸亀で香川オリーブガイナーズ―徳島インディゴソックスの1試合があり、香川は2―1で競り勝った。

 香川先発の右腕秀伍は7回を被安打1、無失点の好投で今季2勝目。140キロ台中盤の直球とスライダーを丁寧に低めに集めて打たせて取り、今季初登板した巨人3軍戦(3日)から3試合で計22イニング連続無失点とした。

 2―0で迎えた九回は抑えの原田が2死から連打で招いた一、二塁で重盗に失策が重なり、1点を失ったが、次の3番打者を空振り三振に仕留めて同点は許さなかった。

 打線は三回、先頭クリスの中前打と三好の右越え二塁打でつくった1死二、三塁から、木村の右飛が失策を誘って2点を先制したものの、先発全員の11安打で2得点と物足りなかった。

 ▽レクザムボールパーク丸亀
徳 島000000001―1
香 川00200000×―2
▽勝 秀伍3試合2勝
▽S 原田7試合4S
▽敗 竹内4試合3敗
▽二塁打 中村、三好、松井▽盗塁 岸、福田、三国▽失策 三国、三好2▽暴投 竹内、新田▽与死球 竹内(クリス)秀伍(岸)
▽試合時間 3時間10分

秀伍は投球に幅
 香川・西田真二監督の話
 秀伍は立ち上がりから力が抜けていてよかった。スライダーの制球が安定し、投球の幅が広がったと思う。打線は押せ押せムードで点が取れなかったことが課題。打順を入れ替え、次は早い回に得点したい。

雨天中止 14日に福岡県のタマホームスタジアム筑後で実施予定だったソフトバンク3軍―高知ファイティングドッグスの定期交流戦は、雨天によるグラウンド不良のため中止となった。代替試合は16日午後1時から同スタジアムで行う。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.