天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

香川、開幕戦飾る 昨年「王者」徳島に競り勝つ 四国ILplus

2018/04/02 09:34

【香川―徳島】6回表香川1死満塁、岡村が中前に2点適時打を放つ=鳴門オロナミンC球場
【香川―徳島】6回表香川1死満塁、岡村が中前に2点適時打を放つ=鳴門オロナミンC球場

 四国アイランドリーグplusは1日、徳島県の鳴門オロナミンC球場などで3試合があった。今季の開幕戦となった香川オリーブガイナーズは、同球場で昨年独立リーグ日本一に輝いた徳島インディゴソックスと対戦。6―5で競り勝ち、2年連続の白星発進を飾った。

 香川は一回、死球と木村の右前打で無死一、二塁とし、ウ・ドンギュンの中前打などで2点を先制。五回は2四球で得た1死一、二塁から岡村の中前打などで4―1とリードを広げ、六回にも4連打で2点を加えた。

 先発の右腕石田は6回1失点で今季初勝利。一回に1点を失ったが、二回以降は走者を許しながらも粘り強く要所を締めた。七回に2番手又吉ら救援陣がつかまり、1点差まで詰め寄られたが、八回以降は原田が無失点で切り抜けた。

 ▽鳴門オロナミンC
香 川200022000―6
徳 島100000400―5
▽勝 石田1試合1勝
▽S 原田1試合1S
▽敗 竹内1試合1敗
▽三塁打 三国▽二塁打 ジェフン、瀬口、中村▽盗塁 福田▽失策 中村▽与死球 竹内(岡村)
▽試合時間 3時間24分

何とか勝てた
 香川・西田真二監督の話
 まさか原田まで投入するとは思っていなかったが…。何とか開幕戦で勝ててよかった。一つの四球で勝負が動いたりする。又吉もこれが経験。まだ始まったばかりだし、彼ら救援陣を信頼して使っていきたい。

 ▽高知市営
ソフト000000000―0
高 知000000000―0
(九回規定により引き分け)
(ソ)大竹、川原、島袋―九鬼、樋越(高)岡部―ハン・ソング
 ▽松山中央公園
愛 媛200000002―4
巨 人10102203×―9
(愛)長島、樽見、片山、田辺、杉安―福田、篠原(巨)鍬原、田中優、堀岡、西村、成瀬―小山、広畑

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.