天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

「独立L日本一に挑戦」 香川OG西田監督が抱負 4球団開幕前会見 運営会社社長に小崎氏 四国ILplus

2018/03/28 09:22

開幕を前に意気込む香川の西田監督(左から4人目)と三好主将(同3人目)=松山市内のホテル
開幕を前に意気込む香川の西田監督(左から4人目)と三好主将(同3人目)=松山市内のホテル

 四国アイランドリーグplus(IL)は27日、松山市内のホテルで14季目のシーズンに向けた開幕記者会見を開き、15日付でIL運営会社・IBLJの代表権のある社長に監査役の小崎貴紀氏(47)=神奈川出身=が就任したことなどを発表するとともに、加盟4球団の監督と主将が抱負を語った。

 小崎氏はILが発足した2005年にIBLJの取締役、06年から約3年間は香川オリーブガイナーズの球団社長を務め、14年以降もILの最高執行責任者(COO)などを歴任。今回の社長就任はILの運営やIBLJの経営をより活性化、効率化するのが狙いで、「大役を任され身が引き締まる思い。支えてくれる人たちとリーグの未来を考えていきたい」とコメントした。

 各球団の監督と主将による決意表明では、香川の西田真二監督が「勝ってなんぼの世界。(独立リーグ日本一に)挑戦していく」と抱負。三好一生主将も「期待に応え、チームを引っ張っていきたい」と闘志を燃やした。

 リーグ開幕は31日。香川の初戦は4月1日、徳島県の鳴門オロナミンC球場で昨年独立リーグ日本一に輝いた徳島インディゴソックスと戦う。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.