天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

香川OG報告会 「選手育成し勝負」 西田監督、来季の奮闘誓う 四国アイランドリーグplus

2017/11/09 09:23

支援者にあいさつする西田監督(中央)やナインら=高松市内のホテル
支援者にあいさつする西田監督(中央)やナインら=高松市内のホテル

 四国アイランドリーグplus・香川オリーブガイナーズのシーズン終了報告会が8日、高松市内のホテルであった。選手ら球団関係者約40人がステージに登壇し、支援者を前に今季の戦いを振り返りながら、来季のさらなる奮闘を誓った。

 今季、香川は前期3位と苦しみながらも後期は優勝。シーズン終盤に底力を発揮した。ただ、前期覇者の徳島インディゴソックスとのチャンピオンシップは1勝3敗で総合優勝を逃し、ドラフト会議では、育成も含めて11年続いた指名が途切れる結果となった。

 これを受け、西田監督は「この場を借りてお詫びしたい」と陳謝。来季に向けては、「うちは他3球団と比べても平均年齢が若い。プロの1軍で活躍できる選手の育成も含め、また1年勝負していきたい」と意気込んだ。

 選手代表であいさつした主将の小牧は「この1年間の経験を無駄にすることなく、(支援者の)期待に応えるべく精進していきたい」と力を込めた。

 報告会は球団後援会(石原敬久会長)が主催。スポンサーや会員ら約200人が参加して選手と交流を深めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.