天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

首位香川、2位愛媛と0―0 四国ILplus

2017/09/14 09:14

【香川―愛媛】7回無死二塁のピンチをしのぎ、ナインとタッチを交わす香川の2番手リチャードソン(右)=レクザムスタジアム
【香川―愛媛】7回無死二塁のピンチをしのぎ、ナインとタッチを交わす香川の2番手リチャードソン(右)=レクザムスタジアム

 四国アイランドリーグplusは13日、高松市生島町のレクザムスタジアムなどで2試合があり、首位の香川オリーブガイナーズは0―0で2位の愛媛マンダリンパイレーツと引き分けた。愛媛とのゲーム差は1・5のまま。後期通算成績は15勝1分け11敗となった。

 首位攻防2連戦の2戦目は勝敗がつかなかったが、香川は3投手の継投が光った。先発のエース右腕原田は、七回の先頭打者に頭部への危険球を投じてマウンドを降りるまで被安打はわずか3。救援陣も踏ん張り、2番手右腕リチャードソンが七回、3番手の左腕浜田が八回以降を無失点で切り抜けた。

 打線は五回1死一、二塁と六回1死二、三塁の好機を生かせなかった。七回以降は愛媛2番手左腕の緩急に苦しみ、最後まで投手陣を援護できなかった。

 ▽レクザムスタジアム
愛 媛000000000―0
香 川000000000―0
(九回規定により引き分け)
▽盗塁 四ツ谷▽失策 妹尾▽暴投 浜田▽与死球 原田3(大本、太田、四ツ谷)
▽試合時間 2時間38分

救援陣が活躍
 ○…エース原田の思わぬ退場で香川ファンに不安が広がる中、マウンドを引き継いだリチャードソンは冷静だった。「急な登板だったけど制球には自信がある。問題ない」。無死二塁のピンチで7〜9番を手元で動く独特の直球で完璧に打ち取り、危機を脱した。
 8月18日に入団した米国出身の28歳。米独立リーグで中継ぎの経験もある助っ人が好リリーフを見せると、3番手の浜田も踏ん張った。
 八回、先頭打者に中前打され、さらに犠打と暴投で1死三塁のピンチを招いたが、「満塁にしてもいい。勝負球に懸けた」。後続を力強い内角直球で空振り三振と一ゴロに仕留めた。
 2位愛媛に連勝はできなかったが、勝率を下げないことが重要な一戦でもあった。西田監督は「相手も負けられないし、こういう試合になる」とした上で、「後期補強した2人がよくしのいでくれた」と救援陣の活躍をねぎらっていた。

 ▽高知市営
ソフト000200100―3
高 知000000020―2
(ソ)伊藤祐、吉本、斎藤、田中、渡辺、小沢―九鬼、堀内(高)丸山、三谷、渋谷、方田、和田―ザック
▽本塁打 ザック4号(2)(高)

◎IL後期勝敗表(13日現在)
     試  勝  敗 引     勝
     合  数  数 分     率    差
(1)香 川27 15 11 1  .577    −
(2)愛 媛29 12 11 6  .522  1.5
(3)徳 島25 10 11 4  .476  1.0
(4)高 知27  9 13 5  .409  1.5

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.