天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

香川、高知下し3連勝 四国ILPlus

2017/08/14 09:30

【香川―高知】5回裏香川1死一、三塁、1番岡村が2点目となる右前適時打を放つ=四国Cスタ丸亀
【香川―高知】5回裏香川1死一、三塁、1番岡村が2点目となる右前適時打を放つ=四国Cスタ丸亀

 四国アイランドリーグplusは13日、丸亀市金倉町の四国Cスタ丸亀などで2試合があった。香川オリーブガイナーズは高知ファイティングドッグスに2―0で競り勝ち、3連勝とした。

 香川は四回、クリスの左越えソロ本塁打で先制すると、五回には死球と小牧の右前打で得た1死一、三塁から岡村の右前打で2点目を追加。中盤までに主導権を握った。

 投げては先発のエース右腕原田が7回を被安打3、無失点。最速148キロの直球やスライダーなどを低めに集めて三塁を踏ませなかった。八回以降は抑えの浜田が粘投。九回は2死満塁のピンチを空振り三振で切り抜けた。

 ▽四国コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀
高 知000000000―0
香 川00011000×―2
▽勝 原田13試合6勝3敗
▽S 浜田6試合2勝1S
▽敗 丸山12試合5勝5敗
▽本塁打 クリス5号(1)(香)
▽盗塁 吉田▽与死球 丸山(三好)
▽試合時間 2時間26分

 ▽伊予市民
徳 島005000001―6
愛 媛000010324x―10
(徳)大蔵、小原、山藤、相沢、伊藤克―垂井、生田(愛)高下、片山、河津、正田―佐藤秀、福田
▽本塁打 福田1号(3)、繁田2号(4)(以上愛)

岡村、攻守で流れ呼ぶ
 ○…香川は「1番・中堅」で先発出場の岡村が攻守で活躍した。

 五回は好機で貴重な2点目となる右前打を放つと、七回の守りでは、原田が招いた1死一、二塁のピンチでライナー性の飛球を前に飛び込んでキャッチ。「(打撃は)常にチャンスの場面を想定している。(守備は)必死で球に食らい付けた」と、流れを引き寄せたプレーに笑みを浮かべた。

 後期は10試合を終えて6勝4敗。6勝まで19試合を要した前期とは全く別のチームにも見える。

 愛媛から移籍してきた二塁吉田が内野を引き締め、中日から派遣されている抑えの浜田が6試合に登板していまだ無失点。補強した選手の存在も大きいのは確かだが、勢いに乗ってきた4番クリスや岡村ら生え抜きの選手たちも成長を示している。西田監督は「理想的な試合ができている。チームの雰囲気が変わってきた」と手応えを得ている様子だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.