天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川3連勝ならず 愛媛に1―2 四国IL

2017/08/02 09:37

【香川―愛媛】2番手で登板し、好救援した香川の三木田=レクザムスタジアム
【香川―愛媛】2番手で登板し、好救援した香川の三木田=レクザムスタジアム

 四国アイランドリーグplusは1日、高松市生島町のレクザムスタジアムなどで2試合があった。香川オリーブガイナーズは愛媛マンダリンパイレーツに1―2で惜敗し、3連勝を逃した。

 香川は投手陣が踏ん張った。先発の右腕高原が1―1の六回に勝ち越しを許したが、以降は救援した左2枚が好投。六回途中から2番手三木田、八回からは3番手浜田が無失点に抑えた。

 悔やまれるのは散発4安打とつながりを欠いた打線。0―1の五回に先頭岡本の右中間二塁打でつくった1死二塁から、梶原の投ゴロに失策が絡んで同点としたものの、その後の1死一、二塁を併殺で逸機。六回以降は2度の盗塁死で好機をつぶした。

 ▽レクザムスタジアム
愛 媛000101000―2
香 川000010000―1
▽勝 高下11試合3勝4敗
▽S 正田18試合1敗4S
▽敗 高原11試合3勝2敗
▽二塁打 岡村(香)岡本、繁田▽盗塁 古川(愛)▽失策 ポロ、高下▽与死球 三木田(佐藤秀)
▽試合時間 2時間40分
 ▽JAアグリあなん
ソフト201000212―8
徳 島002120000―5
(ソ)山下、コラス、柿木、児玉―九鬼(徳)伊藤翔、伊藤克、相沢―垂井
▽本塁打 大本1号(1)(ソ)

新戦力、三木田が好救援
 ○…香川はホーム3連勝で勢いをつけたかったが、併殺や盗塁死で好機を逃し、最後まで流れを引き寄せられなかった。

 収穫だったのは救援陣の好投。特に1年目の三木田の成長が光った。30日のソフトバンク3軍戦では自己最長の5回を投げ、わずか1失点で初勝利を挙げた北海道出身の23歳。この日も「間を変えたりして変化球をうまく使えた」。懸命に腕を振り、直球やカットボールを低めに集めて六回途中から七回までを無失点で切り抜けた。

 中日から派遣されている浜田が抑えとしてうまく機能していることもあり、「中継ぎの投手陣が思い切って勝負できている」と江村投手コーチ。そのため、中盤までにリードを奪えるかが勝利へのポイントとなりそう。西田監督は「こういう試合できっちり点を取れるようにしたい」と今後を見据えていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.