天気予報を見る
 
新聞購読申込

松沢逆転サヨナラ2ラン、香川2連勝/四国IL

2015/08/08 09:43

【香川―徳島】逆転サヨナラ本塁打を放ち、チームメートから祝福される香川の松沢(左奥)=レクザムスタジアム
【香川―徳島】逆転サヨナラ本塁打を放ち、チームメートから祝福される香川の松沢(左奥)=レクザムスタジアム

 四国アイランドリーグplusは7日、香川県高松市生島町のレクザムスタジアムなどで2試合を行い、香川オリーブガイナーズは5番松沢の逆転サヨナラ本塁打で徳島インディゴソックスを6―5で下し、2連勝とした。

 香川は一回に先制しながらも、投手陣が踏ん張り切れず、逆転を許すなど一進一退の展開。同点の九回表には遊撃手甲斐らが計3失策と守備が乱れ、無安打で勝ち越しを許した。

 打線は粘り強く、九回裏1死から4番中川が左前打で出塁。続く松沢が右翼に逆転の2点本塁打を放ち、シーソーゲームに終止符を打った。

 ▽レクザムスタジアム
徳 島000120011―5
香 川100000212x―6
▽勝 松本22試合3勝1敗4S
▽敗 福永10試合4勝3敗
▽本塁打 松沢5号(2)(香)
▽三塁打 大木▽二塁打 赤松、中川、トモ、小林、伊東▽盗塁 増田、鷲谷、大木3▽失策 増田2、加藤、甲斐2、伊東▽捕逸 有山▽暴投 ブランセマ
▽試合時間 3時間17分

後期はミス多い
 香川・西田真二監督の話
 (サヨナラ本塁打の場面は)ヒットエンドランのサインを出していたので、積極的に打ちにいけたのでは。ただ後期はミスが多い。きょうもエラーが絡み、点の取られ方が悪かった。修正しなければならない。

最高の幕切れ
 「打った瞬間入ると思った」。香川は最終回、松沢が逆転サヨナラ2ランを放ってホーム2連勝。大歓声で祝福を受けたヒーローは「ホームはファンの力が違う。勝てて良かった」と、終始笑顔で最高の幕切れの余韻に浸った。

 1点を追う九回1死一塁、西田監督からのサインはエンドラン。初球からミートする気持ちで打席に立った松沢は「しっかり芯で捉えられた」。甘く入ってきたスライダーを見逃さず、力強く振り抜くと、打球は逆転を信じるファンの期待にも押され、右翼スタンドに吸い込まれた。

 第4打席まで2三振を含む無安打。七回の同点につながった二ゴロも敵失絡みと、快音はなかった。それでも中軸を担う大卒新人は「次の打席に引きずらないよう、毎回気持ちを切り替えた」。最後まで集中力を切らさず、後期の勝敗を五分に戻す価値ある一発につなげた自信を胸に、「これからも泥臭さを忘れずに戦っていきたい」と先を見据えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.