天気予報を見る
 
新聞購読申込

冨田(香川OG出)が初登板セーブ/米大リーグ

2015/03/11 09:44

アスレチックス戦の9回2死満塁で登板し、打者1人を三振に仕留めてセーブを記録したレンジャーズとマイナー契約の冨田=サプライズ(共同)
アスレチックス戦の9回2死満塁で登板し、打者1人を三振に仕留めてセーブを記録したレンジャーズとマイナー契約の冨田=サプライズ(共同)

 【レークランド(米フロリダ州)共同】米大リーグは9日、各地でオープン戦が行われ、ブルージェイズでメジャー昇格を目指す川崎はフロリダ州レークランドでのタイガース戦に「9番・三塁」で臨み、走者を置いた場面で2度打席に立って2四球を選んだ。チームは4―6で負けた。

 レッドソックスの田沢はカージナルス戦の七回に5番手で登板し、1回を無安打無失点だった。レンジャーズとマイナー契約の冨田(香川オリーブガイナーズ出)はオープン戦に初めて登板。アスレチックス戦で3点リードの九回2死満塁から打者1人を三振に抑えてセーブを挙げた。

 マーリンズのイチロー、ジャイアンツの青木は試合に出場しなかった。

「余裕あった」
 レンジャーズとマイナー契約を結んだ元プロ野球DeNAの冨田がオープン戦に初めて登板し、セーブを挙げた。3点リードの九回2死満塁で登場して2球で追い込むと、最後は得意のフォークボール。空振りを奪い「ガッツポーズしちゃいました」とちゃめっ気たっぷりに話した。

 バックアップ要員として待機していたところ、急きょ出番が回ってきた。26歳の右腕は「どきどきしたけど、球場の雰囲気を楽しむ余裕があった」と言う。キャンプは始まったばかり。「結果を出し続けてこの舞台で投げたい」と意欲的だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.