天気予報を見る
 
新聞購読申込

独立L野球機構を設立/他団体と交渉、正式窓口に

2014/09/02 09:44

「日本独立リーグ野球機構」の設立を発表する鍵山誠初代会長(左から2人目)と村山哲二副会長(同3人目)ら=東京都内
「日本独立リーグ野球機構」の設立を発表する鍵山誠初代会長(左から2人目)と村山哲二副会長(同3人目)ら=東京都内

 野球の独立リーグ、四国アイランドリーグplusとルートインBCリーグが1日、両リーグの合同機構の「一般社団法人日本独立リーグ野球機構」(IPBL Japan)を設立した。今後、独立リーグの代表団体として、日本野球機構(NPB)やアマチュア団体との正式な交渉窓口の役割を担う。

 四国の鍵山誠最高経営責任者(CEO)と村山哲二BC代表らが東京都内で記者会見した。初代会長に就任した鍵山氏は「他団体との信頼関係の向上に努め、野球界の発展に寄与したい。野球を通じた国際交流の窓口機能も果たす」と述べた。

 従来、両リーグが所属する任意団体の独立リーグ連絡協議会(JIBLA)があったが、法人格がなく「他団体との交渉を、責任を持って行う組織が必要だった」(鍵山会長)と、約1年前から両リーグの関係者らが準備を進めてきた。

 IPBLは社会人や大学チームとの交流戦や、選手や指導者の交流がスムーズに実現する包括的な交渉のほか、海外球界との中継機能も目指す。アジアやアフリカ、中東の有望選手を発掘し、米リーグに送り込む事業などにも取り組む。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.