天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川、投手陣が鍵 GW連戦/四国ILplus

2011/04/29 09:38

ガイナーズGWの試合日程
ガイナーズGWの試合日程

 ゴールデンウイークを迎え、香川オリーブガイナーズは連戦モードに突入。29日から愛媛マンダリンパイレーツとの変則3連戦をこなし、1日空けて5月3日からは高知ファイティングドッグスと徳島インディゴソックスを相手に6連戦を行う。投手陣のやりくりが大変だが、チーム一丸となった試合運びで確実に勝ち星を増やしたい。

 香川は現在3勝1分け3敗の勝率5割で、首位高知とは2・5ゲーム差の3位タイ。前期の優勝争いに踏みとどまれるかどうかは、この連戦の戦いぶりに懸かっているといっても過言ではない。

 浮沈の鍵は投手陣が握るが、愛媛戦は前川、河野、高尾の順で先発する予定。前川、高尾の両エースは前節やや精彩を欠いただけに、今節は名誉挽回といきたいところ。河野は初先発となった17日の三重戦で7失点(自責点5)したが、26日の阪神2軍との交流戦では2回を被安打2、無失点に抑えた。出身地の愛媛で今度こそ白星を飾りたい。

 3日の徳島戦以降は、先発は流動的。酒井、西村ら中継ぎ陣や守護神冨田の踏ん張りにも期待したい。

 打線は好調を維持するものの、前節は好機で一本が出なかった。得点圏で集中した打撃ができるかどうか。

 西田監督は「先発がしっかり試合をつくり、野手もしっかり守る。選手はもっと必死な姿勢を出してほしい」とナインの奮起に期待している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.