天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川、連勝「3」でストップ/四国・九州IL

2009/04/12 09:47

【愛媛―香川】香川9回裏無死二塁、洋輔が15打席ぶりの安打となる三遊間打を放つ=サーパススタジアム
【愛媛―香川】香川9回裏無死二塁、洋輔が15打席ぶりの安打となる三遊間打を放つ=サーパススタジアム

 四国・九州アイランドリーグは11日、香川県高松市生島町のサーパススタジアムなどで3カードを行い、香川オリーブガイナーズは、愛媛マンダリンパイレーツに2―3で敗れ、開幕からの連勝は「3」で止まった。

 香川は先発高尾が一、三回、愛媛の4番大島に適時二塁打を打たれて計3失点。以降は救援した3投手とともに無失点に抑えたが、打線の援護が遅かった。

 ▽サーパススタジアム
愛媛
 102000000―3
 000000002―2
香川
▽勝 近平2試合1勝1敗
▽S 能登原4試合1S
▽敗 高尾2試合1勝1敗
▽二塁打 大島2、西森、藤井、国本、檜垣、金井▽盗塁 大津▽失策 大津
▽試合時間 2時間39分

野球は甘くない
 連夜の逆転サヨナラ劇は実現しなかった。「智勝まで回ってきたから期待したけど、野球は甘くない」。香川の西田監督はサバサバした表情で敗戦を受け入れた。

 好調の打線が愛媛の先発近平の195センチから投げ下ろす緩急を打ちあぐんだ。九回、先頭金井の左翼線二塁打に続き、不振の主将洋輔が15打席ぶりの安打でつなぎ、2連続の押し出し四球で1点差。しかし、二死満塁で智勝は「裏の裏をかかれた」とスライダーを打たされ、投ゴロに終わった。

 「点を取るのが遅い。打撃は水物というのが分かった。明日(12日)が勝負」と西田監督。今季初の1敗を糧に気持ちを切り替えていた。

同じジャンルの記事

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.