天気予報を見る
 
新聞購読申込

四国・九州ILに月1の交流戦依頼−和歌山の新球団

2007/12/13 09:32

 和歌山県で来春に立ち上げを目指すプロ球団「紀州レンジャーズ」の設立準備委員会委員長、木村竹志氏(46)が12日、香川県高松市丸亀町のオリーブガイナーズ球団事務所を訪れ、四国・九州アイランドリーグの鍵山誠CEOに球団構想を説明し、協力を求めた。

 木村氏は「関西圏に(独立リーグが)できれば関西。できなければ四国・九州、BCリーグのどちらかに加盟させてもらいたい」と、2年後の独立リーグ参入構想を明かした。四国・九州アイランドリーグには「2008年度は月に1度くらいの交流戦ができれば」と依頼。

 これに対し、鍵山CEOは「来季の日程はまだ決まっていないが、前向きに検討したい」と応え、「経営基盤など3年間培った経験値を情報提供したい」と球団設立へ向けたサポートを約束した。

 地域密着型を目指す紀州レンジャーズは来年1月にセレクション(選手選考)を行い、来春にチームが発足。1年間はクラブチームとして活動し、09年度から選手とプロ契約を交わす。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.