天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川、愛媛に逆転負け−四国アイランドリーグ

2007/09/18 09:37

【愛媛―香川】6回裏香川1死、堂上が2点目となる左越え本塁打を放つ=サーパススタジアム
【愛媛―香川】6回裏香川1死、堂上が2点目となる左越え本塁打を放つ=サーパススタジアム

 四国アイランドリーグは17日、香川県高松市生島町のサーパススタジアムほかで2カードを行った。首位の香川オリーブガイナーズは、2位の愛媛マンダリンパイレーツに3―4で逆転負けし、ゲーム差は1に縮まった。3位の高知ファイティングドッグスは徳島インディゴソックスに9―1で快勝。終盤戦を迎え、1・5ゲーム以内に3チームがしのぎを削る大混戦となった。

 香川は先発松尾が7回を被安打3、9三振を奪い、愛媛打線を無得点に抑えた。打線も2回、二死二塁から近藤の遊撃内野安打に敵失が絡んで先制。6回には堂上の左越えソロ本塁打で2―0とリードを広げた。

 しかし、8回に継投した亮寛が3四死球に2本の三塁打を浴びて4失点。打線が9回、智勝、丈武、ブライスの3連打で1点差に迫り、さらに一死二、三塁と攻めたが、あと一本が出なかった。

 ▽香川―愛媛13回戦(香川7勝5敗1分、18時1分、サーパス、1,537人)
愛 媛000000040―4
香 川010001001―3
▽勝 小山内33試合6勝8敗3S
▽S 浦川31試合8勝9敗5S
▽敗 亮寛10試合2敗
▽本塁打 堂上6号(1)(小山内)
▽三塁打 比嘉、檜垣▽二塁打 町田▽犠打 比嘉、近藤2▽盗塁 丈武▽失策 丈武、松坂、長崎、比嘉、檜垣▽捕逸 梶原▽与死球 亮寛(梶原)、亮寛(大島)
▽審判 水落、冨家、上野、横井
▽試合時間 3時間18分

必勝リレー崩れM「6」点灯逃す 香川
 勝てば後期優勝へのマジック「6」が点灯するはずだった香川は、必勝リレーが崩れて逆転負け。西田監督は「亮寛は四死球絡みの失点。打線も勝負どころで点を取れなかった」と投打に反省を促した。

 8回、逃げ切りを狙って起用した亮寛が3四死球で4失点。打線も終盤の好機を逃し続けた。2点リードの7回、一死三塁で国本の浅い右飛に三走ブライスがタッチアップし、あえなく本塁憤死。9回は1点差にした後の一死二、三塁。一打サヨナラまでこぎつけながら後続が凡退した。

 西田監督は「ここからの戦いは1点をしっかり取れるかどうか。投手に関しては無駄な四球が命取りになる。いい経験になった」。敗戦を糧にすることを強く求めた。

 ▽高知―徳島13回戦(高知9勝1敗3分、12時59分、土佐山田、779人)
徳 島000001000―1
高 知00001800×―9
▽勝 西川36試合10勝9敗2S
▽敗 渡邊24試合4勝11敗
▽本塁打 マサキ3号(4)(渡辺)、宮本5号(1)(渡辺)
▽二塁打 アティング、トモ▽犠打 岡嵜、古卿2▽犠飛 永井▽盗塁 中村、古卿、宮本▽失策 小山田、白川、山口、渡邊▽与死球 パチェコ(大二郎)、渡邊(マサキ)
▽審判 駒塚、神谷、馬場、山田
▽試合時間 2時間55分

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.