天気予報を見る
 
新聞購読申込

五輪「銀」メンバーも 豪3選手受け入れ−四国IL

2007/07/26 09:34

 四国アイランドリーグを運営するIBLJ(鍵山誠社長)は25日、2004年のアテネ五輪銀メダルメンバーを含むオーストラリア人の3選手が、28日から香川オリーブガイナーズと徳島インディゴソックスに入団すると発表した。

 オーストラリアでは1998年までの12年間、プロリーグがあったが、現在はアマチュアリーグしかないため、約90選手が米大リーグを含む海外で活躍している。プロリーグの再開を目指す同国野球連盟が選手の活動の場を広げようと、IBLJに打診。阪神のウィリアム投手らを輩出するレベルの高い国だけに、選手たちの刺激にもなることから受け入れを決めた。

 香川には、トッド・グラタン投手(20)=183センチ、82キロ、右投げ右打ち=、徳島には、アンディ・アティング捕手・一塁手(29)=188センチ、95キロ、右投げ両打ち=、クリス・モウデイ投手(25)=196センチ、100キロ、右投げ右打ち=がそれぞれ入団。特にアティングはアテネ五輪代表で、北京五輪の代表候補に挙がっており、低迷が続く徳島の救世主的存在になりそう。

 香川のグラタンは130キロ後半の切れのある真っすぐとチェンジアップが武器。オーストラリアのジュニア代表選手に選ばれており、活躍が期待される。

 選手たちは26日に来日。28日は高松市と徳島市で入団会見がある。

同じジャンルの記事

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.