天気予報を見る
 
新聞購読申込

トライアウト16人が合格−四国IL

2006/12/09 09:30

 四国アイランドリーグを運営するIBLJ(石毛宏典社長)は8日、11月に行った大学生・社会人対象のトライアウトの合格者16人を発表した。内訳は投手7、捕手1、内野手6、外野手2。香川県出身者はいない。当日の受験者は121人で、狭き門となった。チームの振り分けは4球団の合議で決定する。

 各球団が保有できるのは25選手。今季優勝の香川オリーブガイナーズは、プロ(NPB)入りが決まった主力の左腕深沢和帆、右腕伊藤秀範ら8人が退団した。このため、あらためて左投手と捕手に絞ったチーム独自のトライアウトを行うことを決めた。

 トライアウトは21日午前10時から、香川県高松市神在川窪町のアムロンテクノセンター高松グラウンドで行う。応募資格は18―24歳の男子で、受験料は5000円。締め切りは17日。問い合わせは香川OG事務所<087(825)9960>。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.