天気予報を見る
 
新聞購読申込

新天地での活躍祈る−香川OG・深沢、伊藤の壮行会

2006/12/09 09:29

真鍋知事(右端)から激励される深沢投手(左端)と伊藤投手(中央)=高松市内
真鍋知事(右端)から激励される深沢投手(左端)と伊藤投手(中央)=高松市内

 四国アイランドリーグからプロ(NPB)入りを決めた香川オリーブガイナーズの深沢和帆、伊藤秀範両投手を激励する壮行会が8日、香川県高松市内のホテルであり、真鍋知事やファンら約50人が2人の新天地での活躍を祈った。

 壮行会では、同チームの後援会組織「支援会」顧問を務める真鍋知事が「プロの世界はこれまで以上に厳しいが、早くテレビに出られる選手になってほしい」と激励。2人を育てた香川OGの芦沢真矢前監督が「自分のことのようにうれしい」と笑顔で乾杯のあいさつを行った。

 両投手はファンと和やかに交流。サインや愛用してきたグラブなどをプレゼントしたり、一緒に記念写真に収まり、名残を惜しんだ。深沢は「香川のみなさんの応援は忘れない。これまでの2年間を大切に頑張っていきたい」と感謝。伊藤は「一日でも早く1軍で投げたい。これからも応援を」と決意を新たにした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.