天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川OG・深沢投手が観音寺市長を表敬訪問

2006/12/04 18:43

 巨人からドラフト五巡目で指名を受けた四国アイランドリーグ香川オリーブガイナーズの深沢和帆投手(23)が四日、観音寺市役所を訪れ、白川市長にプロでの活躍を力強く誓った。

 深沢投手は昨年十一月から春季キャンプ前の今年二月までの間、市内に住み込み、農家でアルバイト。ネギの栽培、レタスの収穫、ビニール掛けなどを手伝いながら、シーズンインに向けて、トレーニングを積んでいた。

 席上、深沢投手は「昨年、観音寺の多くの方に大変お世話になった」とお礼を述べ、白川市長にサインボールとサイン入りの色紙を白川市長にプレゼント。「少しでも早く一軍のマウンドに立ち、恩返ししたい」と抱負を語った。白川市長は「プロでの活躍を祈っている。野球少年たちに夢を与えてほしい」と励ました。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.