天気予報を見る
 
新聞購読申込

香川OGの芦沢監督、森コーチ11月末で勇退

2006/10/27 09:30

 四国アイランドリーグの香川オリーブガイナーズは26日、芦沢真矢監督(48)と森博幸コーチ(43)が、本年度の契約が終了する11月末で退任すると発表した。芦沢監督は非常勤のチームアドバイザーに就任し、側面から支援する。後任については人選を進めており、11月初旬に決定するという。

 ともに一身上の都合による勇退。就任2季目でチームをリーグ優勝に導いた芦沢監督は「一度、外から野球を見つめ直したい。自分を鍛え、またリーグに来たい」と説明。森コーチは「2年間、ファンの方に応援していただき、ありがとうございました」と感謝の気持ちを述べた。

 同球団の小崎貴紀社長は「心から感謝と敬意を表したい。芦沢監督とは新体制発足後も協力関係を強くし、ファンに喜んでもらえるチームづくりを目指したい」とコメントした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.