天気予報を見る
 
新聞購読申込

県勢合格者は羽田(四国学院大出)ら5選手

2005/01/29 09:00

 四国アイランドリーグを運営するIBLJ(石毛宏典代表)は28日、最終トライアウト(入団テスト)に合格した84選手を発表。1次合格の16選手と合わせ総勢100人の全選手が出そろった。また、各チームの監督、コーチ陣も決まり、今春の開幕に向け大きく動き出した。

 県関係の合格者は、野手では羽田智弘(高松商高―四国学院大出)、東山和樹(早大=高松一高出)、捕手は境貞治(坂出商高出)、村田貴文(尽誠高出)の各選手。1次合格の井吉信也外野手(四国学院大)と合わせ計5選手となった。

 香川に本拠地を置くオリーブガイナーズの監督には、ヤクルトの捕手として活躍し、広島のコーチも務めた芦沢真矢氏(46)。コーチは西武で主に代打の切り札として存在感を示した森博幸氏(41)、ヤクルト―近鉄(現オリックス)で投手を務めた加藤博人(35)がそれぞれ就いた。

 香川以外の監督、コーチは次の通り。
 ▽愛媛マンダリンパイレーツ 監督=西田真二、コーチ=高山郁夫、沖泰司▽高知ファイティングドッグス 監督=藤城和明、コーチ=坊西浩嗣、森山一人▽徳島インディゴソックス 監督=小野和幸、コーチ=定詰雅彦、柳田聖人

意欲ある試み息長く
 スポーツジャーナリストの石田雄太さんの話 今回の発表からはプロの養成機関の色合いが強い印象を受け、理念としてうたった地域密着をどう実現するのかは見えてこなかった。意欲的な試みだからこそ、しっかりと取り組んでほしい。

同じジャンルの記事

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.