天気予報を見る
 
新聞購読申込

福岡で最終トライアウト 合格者は1月末発表

2005/01/22 09:00

 4月29日開幕で調整中の野球の四国独立リーグを運営するIBLJ(石毛宏典代表)は21日、福岡ドームで過去の参加者を対象に最終のトライアウト(選手選考会)を実施した。合格者84選手は、早ければ1月下旬にもリーグの愛称や各チームの名称、監督とともに発表される。

 この日は、参加した230選手から116選手を選び、シート打撃を行いながら動きをチェックした。石毛代表は「十二分にレベルの高い野球ができる。商品価値はあると思う」と、新リーグ運営への自信をのぞかせていた。

 第1次合格者16人を含めた“第1期生”の約100人は、3月上旬から合同練習を開始した後、4チームに振り分けられる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.