天気予報を見る
 
新聞購読申込

1次合格者は16人−入団テスト

2005/01/14 09:00

 今春の開幕を目指す野球の四国独立リーグを運営するIBLJ(石毛宏典代表)は13日、昨年12月に全国5会場で実施したトライアウト(入団テスト)の参加者約1000人の中から、1次合格者として16人を発表した。

 合格者の内訳は投手12人、野手2人。会場別では高松4人、札幌3人、東京8人、名古屋1人となっている。香川県関係では、昨秋の四国六大学リーグで首位打者と最多打点のタイトルを獲得した四国学院大の井吉信也外野手(善通寺市)が選ばれた。

 IBLJは全体で100人程度を採用する方針。残りの選手は21日に福岡ドームで開く最終トライアウトで選考。新たな募集はせず、これまでのトライアウト参加者で当落線上の245人を集めて行う。

同じジャンルの記事

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.