野球U18、日本2次リーグ進出/アジア選手権で2連勝

2018/09/04 20:49

 

 スリランカ戦に先発し3回6三振の渡辺=サンマリン宮崎

 スリランカ戦に先発し3回6三振の渡辺=サンマリン宮崎

 スリランカに快勝し、握手を交わす日本。2次リーグ進出を決めた=サンマリン宮崎

 スリランカに快勝し、握手を交わす日本。2次リーグ進出を決めた=サンマリン宮崎

 スリランカ戦の4回、2点三塁打を放つ野尻=サンマリン宮崎

 スリランカ戦の4回、2点三塁打を放つ野尻=サンマリン宮崎

 野球の18歳以下によるU18アジア選手権第2日は4日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎などで1次リーグ3試合が行われ、A組の高校日本代表はスリランカを15―0の六回コールドゲームで下して2連勝とし、2次リーグ進出を決めた。

 日本は一回に藤原(大阪桐蔭)の適時打などで4点を先制。三回以降も加点した。渡辺(埼玉・浦和学院)山田(富山・高岡商)奥川(石川・星稜)の3投手で安打を許さずに完封リレー。5日の1次リーグ最終戦で韓国と対戦する。

 1次リーグは2組に分かれて実施。A組は日本と韓国、B組は中国と台湾がそれぞれ2勝し、2次リーグ進出が決定。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459