夏の甲子園、20日に準決勝/決勝目指し4校が練習

2018/08/19 23:51

 

 打撃練習する大阪桐蔭・根尾(右)=大阪府大東市

 打撃練習する大阪桐蔭・根尾(右)=大阪府大東市

 第100回全国高校野球選手権大会は休養日の19日、前日の準々決勝を勝ち上がった4校が兵庫県西宮市内などで練習した。20日は甲子園球場で金足農(秋田)―日大三(西東京)、済美(愛媛)―大阪桐蔭(北大阪)の準決勝が行われる。

 金足農は勝てば初の決勝となり、日大三は全国制覇を果たした2011年以来3度目の決勝進出を狙う。済美は準優勝した04年以来2度目、史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭は、優勝した14年以来5度目の決勝進出を懸ける。

 金足農は軽く体を動かす程度にとどめた。日大三は打撃練習、済美は軽めの調整。大阪桐蔭は自校グラウンドで打撃練習。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459